SONY 1.2GHzデジタルワイヤレスレシーバー DWR-02N/G

STOCK:×13(26波分)

1.2GHz帯、テレビホワイトスペース帯(638-710MHz)、710-714MHz、現行B帯をカバーする2チャンネルラックマウントレシーバー
1.2GHz帯、テレビホワイトスペース帯(638-710MHz)、710-714MHz、現行B帯を1台でカバーできる2チャンネルのラックマウントレシーバー。ディバイダーなしで8台までカスケード接続ができ、16チャンネルまでの運用が可能です。


遅延量1.7msecのオーディオコーデックモードを搭載
デジタルワイヤレストランスミッターDWT-B01N/G(別売)やデジタルワイヤレスマイクロホンDWM-02N/G(別売)と組み合わせて使用した時、従来のDWXシリーズと同等のオーディオコーデックモード(MODE1:アナログ出力、デジタル出力ともに遅延が3.4msec)と、新しいオーディオコーデックモード(MODE2:アナログ出力の遅延1.7msec、デジタル出力の遅延2.6msec)との切り換え設定が可能です。


Ethernet対応2.4GHzリモートコントロール機能
・本体に2.4GHzアンテナを持ち、トランスミッターのリモートコントロールが可能です。受信機側から、送信機の周波数・アッテネータ等を制御し、変更が可能です。
・リモートコントロールユニットRMU-01(別売)をEthernet接続することで、ネットワークリモートコントロールシステムを構築可能です。付属のコントロールソフトウェア『Wireless Studio』を使用することで、使用中のトランスミッターを監視/制御することができます。
付属のコントロールソフトウェア『Wireless Studio』に、チャンネルプランアドバイザーを搭載
使用する帯域をサーチし、空いている候補チャンネルを表示するチャンネルプランアドバイザー機能において、あらかじめ妨害波をサーチできるので、1.2GHz帯での運用の安全性が高まります。


豊富な入/出力端子を装備
・2chのアナログ出力に加え、4系統のデジタル出力(AES/EBU出力、XLR2系統、BNC2系統)を装備。多様な用途に対応できます。
・32-96KHzのワードシンク入/出力端子を備え、デジタル同期システム接続に対応します。
・ダイバーシティ受信に対応し、2系統アンテナ出力/カスケード出力により最大8台までカスケード接続することができます。


チャンネルスキャン機能を搭載
未使用チャンネルを探す「クリアチャンネルスキャン」と、使用中で受信可能なチャンネルを探す「アクティブチャンネルスキャン」の2種類の周波数スキャン機能を搭載。スピーディーかつ安全にチャンネル設定を行えます。

多彩な情報表示と操作性の向上
大型有機EL表示素子の採用により、見やすく運用時に多彩な情報を確認できます。大型表示窓と各メニューボタン、およびジョグダイヤルによるスピーディーな操作性を実現しています。また、運用上のトラブルが発生した場合にはフロントパネル上のALERTインジケーターが点灯するため、迅速な対応が可能です。

SONY 1.2GHzデジタルワイヤレスポータブルレシーバー DWR-P01DN/G

STOCK:×2(4波分)

ミキサーバッグに搭載可能な、単3形バッテリー駆動可搬用ポータブルレシーバー

■受信帯域
1.2GHz帯(1.2G:1.2L、1.2M、1.2H/1.24-1.26GHz)
送信機2台に対応し、2チャンネル同時受信可能
搭載された帯域の2台の送信機の、同時受信が可能です。

■ワイヤレスリモートコントロール機能搭載
トランスミッターの設定(ローカットフィルターやアッテネーターの操作、チャンネル、電源スリープなど)を制御できるワイヤレスリモートコントロール機能を搭載しています。

■クリアチャンネルスキャン機能
搭載されたチャンネルの周波数帯域をスキャンし、空いている受信チャンネルをサーチし設定することができます。送信機とペアリングされている時は、クロスリモート機能により、送信機のチャンネルも同時に設定可能です。

■アクティブチャンネルスキャン機能
そのエリアで使用中のチャンネルを探して、受信チャンネルを設定することができますので、遠方の送信機が簡単に受信できます。

■送信機のバッテリー残量を表示
送信機のバッテリーの残量をモニターし、消耗する前に、バッテリーマーク表示の点滅にてアラームを表示します。

■2チャンネル受信部、別々の電源スイッチを搭載
1チャンネル受信時、未使用受信部の電源を切っておくことが可能です。

SONY 1.2GHzデジタルワイヤレスアンテナディバイダー WD-01

STOCK:×2

■アンテナ出力を最大6台の受信機に分配可能
2種のアンテナ(例:AN-57/W、AN-57/G)で受信した信号を、6台の受信機に分配する回路を2系統装備しています。デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/W、DWR-R02DN/Gなどを最大6台まで接続でき、多チャンネル同時使用のダイバーシティ受信システムを容易に構成できます。


アンテナ信号のカスケード出力端子(出力端子1、2と共用)を装備。2台のディバイダーを同時使用可能
本機を2台カスケード接続することにより、最大8台のチューナーに分配できます。


2系統のアンテナ入力端子を装備
アンテナ入力端子を各系統に2つずつ装備しています。アンテナを4本に増やして接続すれば、ワイヤレスマイクの使用範囲を拡大することができます。


アンテナブースター供給電圧(9V/THRU/12V)の切り換えが可能
接続したアンテナのブースターアンプに電源を供給できます。供給電圧は、アンテナの駆動電圧に合わせて、前面の切り換えスイッチで9V/THRU/12Vを選択できます。THRUの位置にした時は、受信機からのアンテナ電圧設定に追従して、ブースターゲインを変更できます。


テレビホワイトスペース帯、1.2GHz帯の受信波をミックスして分配
テレビホワイトスペース帯のアンテナAN-57/W、1.2GHz帯のアンテナAN-57/Gを、それぞれ2本取り付けた時、2種の受信波をミックスして分配可能です。


対応機器
・適合アンテナ:AN-57/W、AN-57/G、AN-01、AN-57M、AN-820
・適合アンテナブースター:WB-01/W、WB-01/G、WB-850/T03
・適合チューナーの帯域:テレビホワイトスペース帯、710-714MHz帯、A帯、B帯、1.2GHz帯

グランドプレーンアンテナAN-57/G+アンテナブースターWB-01/G

STOCK:×26

1.2GHz帯を受信可能
放送用途に適し、1240-1260MHzをカバーする無指向性アンテナです。


折りたたみが可能
アンテナエレメントは、折りたたみが可能で、輸送・保管に便利です。
※ トップのエレメントは、縮みません
マイクスタンドなどへの取り付けが可能
アンテナ下部にPF1/2ネジ(凹)を装備し、マイクスタンドやアンテナブースターWB-01/G(別売)への取り付けが可能です。


無指向性なので広い範囲からの受信が可能
偏波面に対し360度方向からの受信が可能です。

1.2GHz帯八木アンテナ

STOCK:×12

長距離伝送を可能にする高利得アンテナ
仕様:受信範囲:1240MHz~1280MHz
空中線形式:8素子八木型アンテナ
利得:13.5dB
入力インピーダンス:50Ω
耐入力:10W
電圧定在波比:2.0以下
接栓:NJ(同軸ケーブル30cm付)
全長:約740mm(アンテナ部)
重量:約415g
取付金具(適合マスト径):φ16-34

SONY 1.2GHzデジタルワイヤレスマイク DWM-02N/G

STOCK:×16

1.2GHz帯を1台でフルカバー
1.2GHz帯(1240-1252MHzおよび1253-1260MHz)に対応したモデルです。
1つのモデルで1.2GHz帯をフルカバーしています。最大同時運用は、38波です。
 
マイクロホンカプセル交換式
別売りのマイクロホンカプセルユニットと組み合わせて、ボーカル、インタビュー、スピーチなどさまざまな用途に使用できます。マイクロホンカプセルは、DWM-02の上部の、マイクロホンカプセルユニット交換機構にねじ込むことで取り付けることができます。マイクロホンカプセルユニット交換機構は、直径31.3mm、ピッチ1.0mmという標準的な寸法になっています。
 
※レンタル時には、マイクカプセルSENNHEISER MD5235+ミュートモジュール(スイッチ)付きでお出ししています。
デジタルワイヤレスアダプターDWA-CU01NM
マイクカプセル:SENNHEISER MD5235
ミュートモジュールSHURE UAMS/BK
 
遅延量1.7msecのオーディオコーデックモードを搭載
デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/G(別売)と組み合わせて使用した時、従来のDWXシリーズと同等のオーディオコーデックモード(MODE1:アナログ出力、デジタル出力ともに遅延が3.4msec)と、新しいオーディオコーデックモード(MODE2:アナログ出力の遅延1.7msec、デジタル出力の遅延2.6msec)との切り換え設定が可能です。
 
送信出力の切り換えが可能
送信出力を1/10/50mWの3段階に切り換え可能。多チャンネル同時運用から長距離伝送まで多彩な運用に対応できます。
 
有機ELディスプレイ搭載
反応が早い有機EL表示素子(OrganicLight-Emitting Diode)の採用により、設定状況を鮮明かつ正確にリアルタイムで表示することが可能です。
 
ローカットフィルター搭載
ローカットフィルターを搭載し、取り付けるマイクロホンカプセルの特性に対応して、細かな設定が可能です。OFFと、20 / 30 / 40 / 50 / 60 / 70 / 80 / 90 / 100 / 120 / 140 / 160 / 180 / 200 / 220(Hz)の15段階が設定できます。
 
アッテネーターを搭載
0から48dBまで、3dBステップで17段階の調整が可能です。
 
3種類の乾電池設定
単3形アルカリ乾電池2本で連続約5時間以上(10mW時)動作させることができます。
また、充電式ニッケル水素電池、リチウム電池も使用可能であり、使用する電池の種類を設定することにより、より正確に電池残量を表示できます。
 
ワイヤレスリモートコントロール
新機能のワイヤレスリモートコントロールを使い、デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/Gから遠隔コントロールが可能。受信機から送信機側の周波数・ローカットフィルター、アッテネーター等を調整できます。
また、電源のスリープ/立ち上げができるスリープモードを搭載。マイクロホンスタンドに取り付けられていても、本番が始まるまでスリープ状態で待機させ、電池の消耗を抑えた運用が可能です。

SONY 1.2GHzデジタルワイヤレストランスミッター DWT-B01N/G

STOCK:×16

1.2GHz帯を1台でフルカバー
1.2GHz帯(1240-1252MHzおよび1253-1260MHz)に対応したモデルです。
1つのモデルで1.2GHz帯をフルカバーしています。最大同時運用は、38波です。


デジタルならではの圧倒的な高音質
周波数特性は、20-22,000Hz、ダイナミックレンジは、106dB以上の、圧倒的な高音質伝送性能で、ワイヤードマイクに迫る高音質を実現しています。

遅延量1.7msecのオーディオコーデックモードを搭載
デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/G(別売)と組み合わせて使用した時、従来のDWXシリーズと同等のオーディオコーデックモード(MODE1:アナログ出力、デジタル出力ともに遅延が3.4msec)と、新しいオーディオコーデックモード(MODE2:アナログ出力の遅延1.7msec、デジタル出力の遅延2.6msec)との切り換え設定が可能です。


送信出力の切り換えが可能
送信出力を1/10/50mWの3段階に切り換え可能。多チャンネル同時運用から長距離伝送まで多彩な運用に対応できます。


小型・高性能のラベリアマイクロホンを付属
放送用途で高い実績のあるECM-77BC/9X相当の小型・高性能のラベリアマイクロホンを付属しています。


幅広いオーディオ入力レベルに対応
ライン入力(基準入力レベル+4dBu)、マイク入力(基準入力レベル-60dBV)に対応。マイク入力では0dBから48dBまで3dBステップで切り換えられるアッテネーターを使用できます。

3種類の乾電池設定
単3形アルカリ乾電池2本で連続約5時間以上(10mW時)動作させることができます。
また、充電式ニッケル水素電池、リチウム電池も使用可能であり、使用する電池の種類を設定することにより、より正確に電池残量を表示できます。


ワイヤレスリモートコントロール
新機能のワイヤレスリモートコントロールを使い、デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/Gから遠隔コントロールが可能。受信機から送信機側の周波数・ローカットフィルター、アッテネーター等を調整できます。
また、電源のスリープ/立ち上げができるスリープモードを搭載。マイクロホンスタンドに取り付けられていても、本番が始まるまでスリープ状態で待機させ、電池の消耗を抑えた運用が可能です。

接続可能なマイクロフォン

ミニチュアマイクDPA 4061-BK
LinkIcon詳しく見る

STOCK:×12

楽器用マイクDPA 4099T

STOCK:×2

シングルヘッドセットDPA FIOF00(無指向)
LinkIcon詳しく見る
 

STOCK:×12

 
ダブルヘッドセットDPA 4088(単一指向)
LinkIcon詳しく見る
 

STOCK:×10

DWR-02N/Gスペック

一般
電源電圧AC100/120V 切り換えDC12V :22W( AC100V 時)
消費電力::22W( AC100V 時)
消費電流:1.6 A( DC12V 時 )
許容動作温度:0〜50℃
許容保存温度:-20〜60℃
外形寸法( 幅×高さ×奥行): 約 482× 44× 335 m m( 突 起 部 含 む )
質量約 3.6kg( 付属アンテナ取付け時)
受信部
受信方式スペースダイバーシティ方式
回路方式:ダブルスーパーヘテロダイン
局部発振:水晶制御PLLシンセサイザー
感度:20dBμ(0dBμ=1μVEMF )以下(ビットエラーレート=1×10-5 時、S/N 劣化なし)
■アンテナ部
アンテナ端子 : BNC-R 、50Ω×2
ブースターへの供給電圧0/9/12V
アッテネーター : 0/5/10dB
カスケード出 力 : BNC-R、50Ω ×2
オーディオ部
ダ イ ナ ミ ッ ク レ ン ジ:106 d B以上( A-weighted )
全高調波ひずみ率:0.03%以下
音声遅延時間MODE1...1.9msec(アナログ出力)、1.9msec(デジタル出力)
MODE2...0.8msec(アナログ出力)、1.7msec(デジタル出力)
アナログ出 力:XLR-3-32タイプ、47Ω以下×2
出力レベル(0dBu=0.775Vrms ):最大...-22dBu、基準...-58dB(MIC出力使用時)
最大...+24dBu、基準...-12dB(LINE出力使用時)
デジタル出 力:XLR-3-32タイプ ... 110Ω×2、BNC-% ... 75Ω×2
基準出力レベル- 36dBFs
ヘッドホン出力:φ 6.3mmステレオジャック
■その他
Word Sync:入力端子BNC-R(75Ω終端切り換えスイッチ付き)

出力端子:BNC-R
外部Word Sync...32 ~ 96KHz
ワイヤレスリモートコントロールCross Remote(2.4GHz IEEE802.15.4 準拠)
■LAN 端子:R J - 4 5 モジュラージャック× 1 100BASE-TX ・・・IEEE802.3u 準拠
10BASE-T・・・IEEE802.3 準拠















































































DWM-02N/Gスペック

■一般
電源:DC3.0V(単3形アルカリ乾電池2本)
消費電力::22W( AC100V 時)
消費電流:最大DC 460mA(DC 3V、空中線電力50mW時)
乾電池寿命 :連続使用約 5 時間( 外気温 25°C、ソニー単 3 形アルカリ乾電池、10mW 出力
オーディオコーデックモードの設定 MODE1、ワイヤレスリモートコントロール機能OFF、
ディスプレイの自動消灯設定AUTO OFF、ソニーカプセルユニットCU-C31装着)
許容動作温度:0〜50℃
許容保存温度:-20〜60℃
外形寸法(直径×長さ ): 約 φ 37.1×194m m(ミュートモジュール無し)
質量:約 235g( 乾電池含む)
ワイヤレスリモートコントロール:2.4GHz 帯、IEEE802.15.4 準拠

■送信部
発振方式水晶制御PLLシンセサイザー
使用周波数(送信周波数):1240.150 ~ 1251.825MHz、25kHz 間隔、468 波
1253.175 ~ 1259.850MHz、25kHz 間隔、268 波
空中線電力(送信電力):1/10/50mW 切り換え
アンテナ型式 :ヘリカルアンテナ
占有周波数帯幅 :192kHz 以下( 工事設計認証における占有周波数帯幅は 288kHz )
音声遅延時間 :MODE1...1.5msec、MODE2...0.9msec
周波数の許容偏差 :± 6.5ppm
電波型式 :G1EまたはG1D
変調方式 :π/4 Shift QPSK
オーディオ部
最大入力レベル :-16dBu(アッテネーター 0dB 設定時)
音声アッテネーター :0 ~ 48dB(3dBステップ可変)
入力インピーダンス :4.7k Ω以上
周波数特性 :20Hz~ 22kHz




































DW T- B01N/Gスペック

■一般
電源:DC3.0V(単3形アルカリ乾電池2本)
消費電力::22W( AC100V 時)
消費電流:最大DC 460mA(DC 3V、空中線電力50mW時)
乾電池寿命 ::DC3.0V(単3形アルカリ乾電池2本)
:最大DC 460mA(DC 3V、空中線電力50mW時)
:連続使用約 5 時間( 外気温 25°C、ソニー単 3 形アルカリ乾電池、
10mW出力、オーディオコーデックモードの設定 MODE1、
許容動作温度:0〜50℃
許容保存温度:-20〜60℃
外形寸法(直径×高さ×奥行 ): 約 63×141×17m m(アンテナ含む)
質量:約 125g( 乾電池含む)
ワイヤレスリモートコントロール:2.4GHz 帯、IEEE802.15.4 準拠


■送信部
発振方式:水晶制御PLLシンセサイザー
使用周波数(送信周波数):1240.150 ~ 1251.825MHz、25kHz 間隔、468 波
1253.175 ~ 1259.850MHz、25kHz 間隔、268 波
空中線電力(送信電力):1/10/50mW 切り換え
アンテナ型式 :λ/4フレキシブルワイヤー
占有周波数帯幅 :192kHz 以下( 工事設計認証における占有周波数帯幅は 288kHz )
音声遅延時間 :MODE1...1.5msec、MODE2...0.9msec
周波数の許容偏差 :± 6.5ppm
電波型式 :G1EまたはG1D
変調方式 :π/4 Shift QPSK
オーディオ部
マイク入力端子:S M C 9 - 4 S( 凹 )
最大入力レベル :マイク...−22dBu(アッテネーター0dB 設定時)
ライン...+ 24dBu
音声アッテネーター :0 ~ 48dB(3dBステップ可変)
※マイクレベル入力設定時のみ
入力インピーダンス :4.7k Ω以上
周波数特性 :20Hz~ 22kHz









各社ワイヤレス変換アダプター

DAD6009SAMSONワイヤレスシステム変換アダプター

STOCK:×各1

DAD6010SHUREワイヤレスシステム変換アダプター

STOCK:×各1